エンゼルマタニティクリニックでの出産。費用や入院中の生活をまとめました

エンゼルマタニティクリニックでの出産。費用や入院中の生活をまとめました

こんにちは、二児の子育てに奮闘中のめりさです。

このたび、福岡市城南区のエンゼルマタニティクリニックで出産いたしました!

ここには以前通っていた産院から転院して出産することになったのですが、あまり新しく詳しい情報がなかったので、私自身不安がありました。

病院の情報や検診・入院時の生活を記事にしてみましたので興味のある方は参考にしてみてください。


エンゼルマタニティクリニックの基本情報


エンゼルマタニティクリニックは福岡市城南区にある産科・婦人科の病院です。

福岡都市高速環状線 堤インターを降りてすぐのところにあり、とても便利な立地です。

下道を通っても渋滞はないので、通いやすかったですよ。

祝日はお休みですが、土曜日・日曜日もお昼まで診察しているありがたい産院です。

診察について

産婦人科には珍しく診察の際に予約が要りません

私の場合、急に予定が変わることもあり予約の変更などをしなくて良いのでとても有り難かったです!

いつも土曜日と日曜日に診察してもらっていましたが、待ち時間としては長くても30分くらいのものでした。

平日ならもっと早いのではないかと思います。

転院前に通っていた産院では土曜日診察で1,2時間待つこともあったので転院して良かったなぁと思います。

診察内容としては下記のようになります。

  • 助産師さんによる体重・血圧・腹囲の計測、採血など
  • 先生の診察、エコー
  • 必要があれば内診など

先生は質問にも的確に答えてくれ、問題に対してアドバイスももらえましたし、時間をかけて診察してくれますよ。

母親学級について

エンゼルマタニティクリニックでは全3回(平日)の母親学級があります。

第1回、第2回は妊娠中の注意や食事指導、入院の準備についての説明などになります。

そして、ここではソフロロジー式分娩を取り入れており、母親学級の3回目で受けることができます。

もちろんすべて無料です。

私は家から少し遠かったのと、上の娘のひどい人見知り時期と重なり預けることもできなかったため不参加でした。

一人目でだいたいのことは分かっていたので良かったのですが、初産婦さんは必ず受けておいた方がいいと思います!

ソフロロジーの講習だけでも受けてくださいと言われたのですが難しかったため、後期の検診でNSTモニターをしたときにベッドでソフロに関するビデオを見させていただきました。

これがわかりやすくてとても良かったです。

陣痛のピーク時は痛すぎて呼吸が乱れてしまいダメだったのですが、ピークに達するまではこの呼吸法がかなり役立ちました!


費用について


<妊婦検診時>

  • 基本の妊婦検診や採血、エコーは無料
  • 後期のNSTモニター代 1回につき500円

<分娩関連費>

  • 支度金 50000円
  • お産セット 5000円
  • 部屋料金 二人部屋は無料、個室は後述します
  • その他 休日や深夜割増
  • 1週間・1ヶ月検診 各5000円

まず、毎回の検診は福岡市の助成券があれば無料です。

転院前に通っていた産院は毎回のエコーに1000円かかっていましたので無料なのは嬉しかったです。

無料なのにもかかわらず丁寧にエコーで診てくださいますよ。

妊娠8ヶ月ごろには支度金50,000円を受付で支払い、それが分娩・入院費に充てられます。

出産育児一時金が健康保険から病院に直接払われることがほとんどだと思いますが、足りない場合は残りを支度金で払います。

支度金でも足りない場合はさらに退院時に支払うのですが、私の場合は半分くらい返ってきました。

転院前の産院では13万円くらい手出しで支払ったのですが、今回は2万5千円くらいで済んだことになります。

今回は二人部屋だったということもあるのですが、本当に安かったです!

「アメジスト」のお産セット
「アメジスト」のお産セット



入院時の生活について


病室

病室は3種類あり、下記のような値段設定になっています。

  • 二人部屋:無料
  • 個室(小):4,000円/日
  • 個室(大):6,000円/日

普通分娩の場合の入院は6日間になります。

個室はトイレ付き、二人部屋の場合はトイレは共用になります。

今回は費用重視だったため二人部屋を使ったのですが、運良く6日間1人で使用することができました。

お産は7月だったのでそれなりに入院している人は居たのですがラッキーでした!

ただ、やはり陣痛中や産後に相部屋となると落ち着かなかったり、思うように睡眠がとれなかったりすると思うので、おすすめは断然個室です!

子連れ入院もできるそうなので、その場合は個室(大)の方になります。

上の子を預けられないなど事情がある方にはありがたいですね。

<備品>

  • ベッド(パラマウントベッド)
  • ソファ
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 電気ポット
  • 洗面台
  • ロッカー



食事

お値段がリーズナブルなのであまり期待をしていなかったお食事なんですが、本当に美味しかったです。

和食、中華、イタリアンなどいろいろ堪能しました!

そしてボリュームもかなりあります。

私の場合、産後2,3日はどうしても食欲がわかず半分も食べれないのですが、後から考えるともったいない・・・

本当に美味しいので4日目くらいからは毎食完食でした!



母子同室

産後2日目から母子同室になります。

ママは普通のベッドで、赤ちゃんは新生児用のベッドで過ごします。

エンゼルマタニティクリニックでは赤ちゃんのベッドに無呼吸を監視するセンサーが取り付けてあり、安心して過ごせました。

ただ、うちの子は夜寝てくれず、3時間睡眠になったりとかなり大変だったのですが・・・

「つらい時は預かりますので遠慮なく言ってください」とのことだったので、2日間睡眠不足が続いたときに少し預かってもらったこともありました。


一日のスケジュール

朝7時ごろの検温や問診が済むと8時頃から朝食です。

朝食が終わった頃にナースステーションに赤ちゃんを預けて、ママは順番にシャワーを浴びたり、検診などがあります。

赤ちゃんはその間に助産師さんに沐浴させてもらえます。

入院中に1度沐浴見学があり、動画撮影可能とのことだったので、しっかり撮って退院に備えました。

お昼は12時ごろから昼食です。

お昼前後に診察などがある場合もあります。

お昼が過ぎると赤ちゃんを迎えにいき、そこからまた一緒に過ごします。

そして、午後5時半ごろから夕食。

ご飯は赤ちゃんが泣いていないときを見計らってさっと食べる感じでした。

午後7時に検温、午後9時ごろ消灯となります。

助産師さんが検温時に母乳の出などの状態も診てくれてミルクを足す量などの指導もしてくれます。

入院中に、一度採血や院長の診察、検尿、退院説明などがあります。

面会時間

面会時間は午前11時から午後10時までです。

個室の場合は夜遅くても問題ないのですが、一応消灯は午後9時となっていますので、相部屋の場合は配慮が必要ですね。


入院中のサービス


赤ちゃんのお世話用品

産後はおむつと赤ちゃんのおしりを拭くコットンは無料でいくらでも使用でき、無くなったらナースステーションへもらいに行きます。

肌着やガーゼもすべて貸してもらえるので用意は不要でした!

ミルク缶300gもいただけるので、入院中はそれで母乳が足りない分を調乳し飲ませます。

退院時に余ったミルクや使いかけのおむつのパックは持ち帰れます。

ちなみにおむつはGOON、ミルクは森永・明治・ビーンスタークを4ヶ月毎にローテーションで使用されているそうです。

私が入院した7月は森永の「E赤ちゃん」でした。

洗濯

まず、とてもありがたかったのが、洗濯サービス。

洗濯ネットの中に名前を書いた衣類を入れてランドリーボックスに入れておくと、洗濯・乾燥、そしてキレイに畳んでくれてお部屋に持ってきてもらえます。

2人目の今回は母親の手伝いがなかったので、かなり助かりました!

フェイシャルエステ、シャンプー、フットマッサージ

入院中に一度受けられます。

病棟に小さなブースがあり、エステティシャンの方にフェイシャルエステとシャンプーをしてもらえます。

産後の疲れと寝不足でボロボロでしたが、かなり癒やされましたよ!

そして、お部屋のベッドでのフットマッサージ。

アロマと心地よい音楽まで流してもらえて最高でした!

産後はどうしても足がむくんでしまうので、本当に気持ちよかったです。

夫婦でのディナー

入院中に一度、ダイニングルームで旦那さんと一緒に美味しいディナーがいただけます。

入院中のご飯がボリュームがあってかなり美味しいので、同じものをダイニングルームで食べるのかな、と思ったのですが・・・予想を裏切ってめちゃくちゃ立派なコース料理でした!

メイン料理
メイン料理
デザート
デザート

本当に豪華でびっくり。

ボリュームもすごくて、食べきれないものもあり申し訳なかったです。

上の子は2歳なのですが預ける先がなかったので最初はお断りしたのですが、「一緒にどうぞ」と言ってくださり、簡単な子供用軽食も出していただけました。

本当に美味しく、とてもいい思い出になりましたよ!


まとめ


エンゼルマタニティクリニックは費用もリーズナブルで、リラックスして過ごせる産院でした。

ぜひ産院選びの参考にしていただけたら嬉しいです!


☆関連記事☆