iPhoneのバッテリー交換を配送修理で。郵送の仕方や所要日数は?

iPhoneのバッテリー交換を配送修理で。郵送の仕方や所要日数は?

こんにちは、めりさです。

今回、初めてiPhoneのバッテリー交換をお願いしました。

2018年12月31日まで、一部のiPhoneについてバッテリー交換が通常8,000円(税別)のところ、3,200 円(税別)で交換可能となっており、私のiPhoneも対象だったので思い切って変えることにしました。

電池の持ちが悪くなった、というわけではないのですが、中古で買ったiPhoneなのでいずれ早いうちに交換が必要になるだろう、と見越してのことです。

<今回割引対象だったiPhone>

  • iPhone SE
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • Phone 8 Plus
  • iPhone X

※2019年現在、割引はすでに終了しており、iPhone X以外の上記機種のバッテリー交換費用は5,400円(税別)に統一されています

今回、配送修理にした理由は、総コストが持ち込み修理より配送修理の方が安かったから、そして、外出の時間がとられず手間がかからないという理由からです。

市内のアップルストアに持ち込むとして、お店に行くまでの時間、待ち時間がかかるし、交通費や繁華街の駐車場代を考えると配送の方がかなりお得でした。

ただ、配送修理のデメリットとしては、次のことが挙げられると思います

  • 修理の間はiPhoneが手元にない
  • 初期化が必要

Appleストアに持ち込むと初期化不要でバッテリー交換が受けられますし、1〜2時間もすれば終わるらしいのでよく考えて修理方法を選ぶことをおすすめします!

今回は私が行った配送修理の手順や、日数、かかった費用について説明します。


Appleバッテリー交換配送修理の申し込み方法


まずは、Appleバッテリー交換用のサポートページへ行きます。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power


バッテリー交換を申し込むボタンをクリックします。


配送修理を選びます。


appleIDとパスワードを入力します。


2ファクタ認証を設定している場合は、登録の電話番号にメールが届くので、次の画面でそこに書いてある6桁の番号を入力します。


次の画面では、現在使っているデバイスが表示されますので、バッテリー交換するデバイスの画像をクリックします。


修理見積もり費用が表示されます。続いて修理品の配送先住所を確認します。


配送先住所に続いて、ページの一番下では、ヤマトさんに集荷に来てほしい日時を選びます。

次の日から選べるようになっていましたので、私は次の日の9時〜12時を選びました。


次の画面で修理総額を確認します。

修理費用の決済方法にはクレジットカードか、代金引換が選べます。クレジットカードの場合はカード情報を入力します。

「修理の詳細を確認する」をクリックします。


準備の手順を確認して、appleの規約に同意し、送信ボタンを押すと、次の画面で受付完了画面が表示されます。


ここまでできたら、次はiPhoneを送る準備をします。

配送修理の際に必要な手順は下記になります。

  • iMessageをオフにする
  • iPhoneを探すをオフにする
  • iPhoneのバックアップをとる
  • iPhoneを初期化する
  • SIMカードを抜き取る
  • アクセサリーを外す

初期化の仕方 「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」パスコード で完了

ここまでできたら、準備完了です。

あとはヤマトさんの集荷を待つのみです!


集荷に来たヤマト運輸のドライバーにiPhoneを渡す


登録した次の日、時間どおりに集荷にきていただきました。

箱か何か持ってこられるのかなーと思っていましたが、依頼主控えの紙を渡され、「配送に出しておきますので」と言われて走ってそのまま持っていかれました。

落とさないでねーと、少し不安になりましたが、まぁ、プロですから大丈夫でしょう(笑)

依頼主控えの紙を見ると、料金248円となっていましたが、お支払いしていませんので送料は無料です。

とってもありがたいです!!


年末や連休中の郵送修理は注意


今回、iPhoneをヤマトさんに手渡したのが12月10日(月)。そして、ヤマトのホームページで追跡をかけてみると、アップルの修理センターに到着したのが12日(水)の朝でした。

そして、1週間後の19日(水)になっても返送されてこないので、少し心配になってきました。

修理状況を確認するべくappleのマイサポートのページにログインしてみましたが、9日の申込みのときからステータスが変わっていません。

そこで、問い合わせをすることにしました。

ログインし、「Appleサポートへの問い合わせ」から該当の製品の画像をクリックし、検索のところに「修理」と入力すると、「修理ステータスに関する質問」というのが出たので、クリック。

その後、問い合わせ方法を選びます。電話、電話予約、チャットなど色々ありますが、今回は急ぐので電話を選びます。

待ち時間5分となっていましたが、すぐに電話番号に電話がかかってきます。

機械音声でしたが、オペレーターと話すまでに5,6分待ちました。

オペレーターの男性の方はとても丁寧です。

調べてもらったところ、1週間前に到着した私のiPhoneはまだ未着手のとのこと。

修理が立て込んでいて、届いたものから順番に修理していくので、最短でも24日の発送。

それより遅くなる可能性もあり、いつ到着するかは確約ができない、とのことでした。

ネットで配送修理の情報を検索したときには、数日で返送されてきたという方が大半だったので甘く見ていました。

今回、バッテリー交換の割引期間終了間近であること、そして年末ということもあり、思ったより時間が掛かるようです。

配送修理の場合、年末や連休前は要注意ですね。

クリスマスまでには戻ってきて欲しいと思っていたんですが、もっと早く送っておけば良かった・・・。


iPhoneのバッテリー交換が完了


appleのマイサポートのページにログインして修理状況を確認してみると、返送となっていたのが1月5日。

結局、修理が済んでiPhoneが手元に戻ってきたのは1月7日でした。

ほぼ1ヶ月!(泣)

1週間くらいで終わるだろうと思っていましたが、めちゃくちゃ時間がかかってしまいました。

もどってきたiPhoneは小型のダンボール箱に入れられており、開けると白いキレイな箱に入れられてしっかりと封がされていました。

おかえり!
おかえり!

同封の手紙によると、最新のOSをインストールして、iPhoneが品質テストに合格していることも確認した、とのことでした。


まとめ


今回はバッテリー交換を郵送修理で送ってみたという体験談でした。

年末、そしてバッテリー交換代の割引終了間近ということもあり、通常3〜6営業日、長くても10営業日で返送されるところ、激混みだったようで1ヶ月もの時間がかかってしまいました。

実は、私はこのiPhoneはカメラ用としてのみ使用しており、電話やスマホとしては使っていません。

ですので、1ヶ月手元になくてもそれほど困りはしませんでしたが、大抵の方はメインで使われていると思います。

Appleストアが県内、市内にある方はバッテリー交換でしたら当日お店で終わるので、直接行った方がいいと思います。

配送でしか無理な方は大型連休や年末は出来るだけ避けることをおすすめします。

それにしても、待ちに待ったiPhone。無事に帰ってきて良かった〜・・