「どんぐりもりのおはなし」シリーズ 英語絵本 レビュー

「どんぐりもりのおはなし」シリーズ 英語絵本 レビュー

「どんぐりもりのおはなし」シリーズの英語版です。

このシリーズには下記の4つのおはなしがあります。


英語タイトル日本語タイトル
Rabbit’s Napうさちゃんのひるね
Fox’s Socksこんたくんのくつした
Postman Bearくまくんのてがみ
Hide-and-Seek Pigぶーこちゃんのかくれんぼ


今回、英語版「Rabbit’s Nap」と「Fox’s Socks」のボードブック2冊を購入してみました。

購入前はこの本の情報があまりないし、正直そこまで期待していなかったのですが、ありんこめっちゃ気に入りましたv

毎日1,2回は「んー!んー!」と指さしながら「読んで読んで」とせがまれます。


極厚ボードブック!低月齢の赤ちゃんにもOK



「どんぐりもりのおはなし」シリーズの基本情報

ページ数:12ページ
言語:英語
サイズ:縦17cm×横20.5cm×厚さ1.8cm
重さ:365g
タイプ:ボードブック、仕掛け絵本
著者:ジュリア・ドナルドソン
絵:アクセル・シェフラー


まず、このシリーズの良いところは、

  • 本のつくりがしっかりしている
  • ページが分厚い
  • 仕掛け絵本で飽きない
  • 角が丸い
  • 絵がめちゃくちゃかわいい

一般的なボードブックのページの厚さは、1mmくらい。厚くても1.5mmといったところ。

このシリーズはなんと厚さ2mm

表紙は3mmくらいあります。

しっかりした厚みがあります
しっかりした厚みがあります

表紙も中のページも赤ちゃんの力じゃ折り曲げるのが無理そうなくらい硬いです。

口に入れたがる低月齢の赤ちゃんに与えても、ボロボロになりにくそうですね!



悪いところとしては、

  • 重い
  • フラップ部分が多少もろい

こんな感じでしょうか。

ページの厚みがあるぶん、やはり重いので、小さな赤ちゃんは持ちにくいと思います。

ありんこは現在1歳3ヶ月ですが、片手で本棚から出すので、重さでたまに落としそうになります。

そして、おでかけの時に持っていくには躊躇する重さです。

なので、うちではもっぱら自宅用で本棚にしまってありますが、背表紙が太いのでかなりの存在感がありますv

また、フラップがもろいといっても、他の仕掛け絵本のフラップ部分にくらべると厚い方だと思います。

ですが、ありんこは一部破いてしまったので短所にあげてみました(泣)

それでは、本の中身がどんな感じか紹介していきますね。


眠くなる絵本!? Rabbit’s Nap


日本語タイトル、「うさちゃんのひるね」の英語版になります。

内容はこんな感じです。

うさちゃんはすごく眠たいのに、お友達が大きな音を出すのでなかなか眠れません。

くまくんは家をかなづちで直しています。

きつねくんは薪を割っています。

ねずみたちは音楽演奏をしています。

かめくんは自転車に乗ってベルを鳴らしています。

やがて、お友達みんながうさちゃんの家を訪れてうさちゃんが眠れるように歌をうたいはじめます。

「ぐーっ、ぐーっ」という音が聞こえてきて、ベッドを覗くと・・・

英語は基礎レベル。1ページあたり2行(10ワードくらい)の英文量です。

「Tap! Tap! Who’s that?」

「Whack! Crack! Who’s that?」

などと、同じような文章がくりかえし出てくるので、リズム良く読めますね。

すべてのページにフラップがあるのではなく、右ページのみになります。

ちなみに、うさちゃんがあくびをしながら目をこするページで、ありんこはいつも眠くなります(笑)

最後のページがお気に入り
最後のページがお気に入り

そして、最後の見開きのページが大好きなありんこは、何度も何度もうさぎのベッドの布団をパタパタ開いています。

見開きのページにはたくさんのものが描かれているので、「Where is the bed?」などと聞いて指差しをして遊んだりもできますよ。


リズミカルな韻が楽しい Fox’s Socks


日本語タイトル、「こんたくんのくつした」の英語版になります。

内容はこんな感じです。

こんたくんはおでかけするため、靴下を探しています。

チェストを覗いてみると、ベストがみつかります。

階段下の物置では、シャツがみつかります。

食器棚の上を開けると、蝶ネクタイがみつかります。

マットの下からは帽子がみつかります。

それでもまだ靴下はみつかりません。

柱時計の中をのぞくと、やっと片方の靴下がみつかります。

そして屋根裏の大きな箱を開けると、もう片方の靴下が…。

こちらも英語は基礎レベルで、1ページあたり2行(10ワードくらい)の英文量です。

それにしても、すべてのページで韻を踏んでるのが面白い!こんな感じです。

fox / socks

chest / vest

goes / toes

stair / wear

high / tie

neat / feet

two / do

食器棚がひらく可愛い仕掛けが大好きなありんこ
食器棚がひらく可愛い仕掛けが大好きなありんこ

そして、こちらの本もすべてのページにフラップがあるのではなく、右ページのみになります。

最後のページは屋根裏部屋のシーンです。

このシリーズは最後がいつも見開きになってるのかな。これもまたかわいい。

ちなみにこのキツネ、日本語版は「こんたくん」となっていますが、この英語版では「きつねのおじいさん」という感じの設定なんです。

見た目には「おじいさん」とは分かりませんが、あまりの違いに笑ってしまいました(笑)

この本は「無くなったものをさがす」というシンプルなストーリーでわかりやすいので、最初の1冊にいいかもしれないですね。




<5歳からの英語教育には…>
英会話スクール1ヶ月分の費用でバイリンガルに!

子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】





☆関連記事☆