エド・インター 英語布絵本 はじめてのぼうけん レビュー

エド・インター 英語布絵本 はじめてのぼうけん レビュー

ありんこが11カ月のときに買った英語の布絵本です。

ちょうど以前勤めていた会社へ子供と行く用事があって、片道1時間もかかるので何か新しいおもちゃでも買おう!と思ったときに見つけたのがこれ。

とても気に入ったのでくわしくレビューしていきますね。


コンパクトで軽く、持ち運びもカンタン!


サイズ:タテ16cm × ヨコ21cm × 厚さ4cm(ハンドル部分を含まず)
重さ: 144g
ページ数:8ページ
言語:英語
年齢:1.5歳から
ブランド:エド・インター


ベビーカーに吊り下げることも十分可能なサイズと重さです。

ありんこが11ヶ月の時に、実際にベビーカー用のおもちゃとして使ってみましたが、とても気に入って遊んでてくれたので助かりました!

一度、ベビーカーに付けなおそうとしているときに落としてしまって、黒い汚れがついてしまいました。

手洗いをしてみたところさっと汚れは落ちたので、いつまでもきれいに使うことができると思いますv

ネットに入れて洗濯機にかけることもできるみたいなので、忙しいママにはありがたいですね!

洗ってもしっかりしたボリュームはそのままで、とってもふわふわで気持ちの良い布絵本です。


どんなふうに遊べる?


まず、表紙はボタン掛けやベルトで指先を使う練習ができます。

真剣に見てるありんこ
真剣に見てるありんこ
次のページはリボン結びや海の生き物。ガサガサ音や鈴の音のするフラップ部分を開くと違う絵が出てくる仕掛けになっています。

そして次ページの見開きはかわいらしい牧場の絵。数字の勉強や、動物の名前も覚えられそうです。

お気に入りのジッパー
お気に入りのジッパー
ワニのジッパー開閉があったり、マジックテープとフェルトで丸や四角、三角の形合わせもできます。

裏表紙
裏表紙
裏は、潜水艦の窓が鏡になっています。(割れない素材です)まるで潜水艦に乗っているみたい♫


色彩感覚を育てる色使い


この布絵本は色がとても鮮やかで赤ちゃんの目を引きます。

赤ちゃんは4ヶ月で色が判別できるようになるそうですが、まずは赤・黄・青の基本の原色をしっかり認識できるようになることが大切だと言われています。

逆に、この時期に色々な色で刺激を受けておかないと、脳にとってあまり良くないようです。

たとえば、お部屋を見回すと色がない真っ白いお部屋だったり、ママはシンプルな白や黒ばかりの服を着たりしてませんか?

実際、うちのリビングはあまり色がなく殺風景でした。

なので、子供用のおもちゃ棚をカラフルにしたり、この布絵本のようなカラフルなおもちゃを揃えたりしています。

この布絵本はおもに赤・黃・青・緑の色がやさしい絵柄とともに使われているので、色彩感覚が発達段階の赤ちゃんにはぴったりの布絵本だと思います。

そしてかわいらしい海の生物や、牧場の動物なども楽しみながら覚えることもできますよ。

この本でありんこは「cow=牛」を覚えましたv

よく指差しをしながら、「かー!?」と言っています(笑)


低月齢の赤ちゃんにも


推奨年齢は1.5歳からになっていますが、月齢の低い赤ちゃんでも安心して遊ばせられる布絵本だと思います。

リボン結びのページや、ジッパーのページなどは遊び方が分からないようでしたが、それなりに興味を持って遊んでくれました。

ただ、ありんこの場合、歯の生えた時期にカミカミしてしまってたので、リボン結びの紐の部分がほどけてきました。

そのへんはやはり親の目が必要かなーと思います。

それを差し引いても、購入して大正解の布絵本でした。

ふわふわでボリュームもしっかりあるので、安っぽく見えないのもいいですよ♫




<5歳からの英語教育には…>
英会話スクール1ヶ月分の費用でバイリンガルに!

子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】