【ハンガリー家庭料理】後期の離乳食にも!コンソメ不使用のカリフラワースープレシピ

【ハンガリー家庭料理】後期の離乳食にも!コンソメ不使用のカリフラワースープレシピ

こんにちは、めりさです。

うちの食卓にはよくハンガリーの家庭料理のスープが登場します。

ほぼすべてのスープに共通して言えることは、コンソメなどを使用しないこと。

スパイスやハーブ、塩だけですごーくいい味が出るんです。

今回は、うちの夫から教わったハンガリー家庭料理のカリフラワースープを紹介します。


離乳食にもおすすめ!カリフラワースープ


コンソメも化学調味料も使わない、素材の味がたっぷりのカリフラワースープです。

柔らかく優しい味なので、赤ちゃんも喜んで食べてくれますよー!

油を少量使いますが、離乳食後期には食べられると思います。

うちの娘はこれを出すと、ものすごい勢いで完食します(笑)

<材料>

カリフラワー 小〜中1個
玉ねぎ 半分
にんじん 半分
炒めた小麦粉 大2
水 600cc
牛乳 250cc
塩 小さじ半〜
パセリ、コショウ(大人のみ)


<作り方>

1.玉ねぎはみじん切りに、人参は1〜2ミリの薄切りで食べやすい大きさ、カリフラワーは一口大に切る

2.フライパンか鍋で小麦粉を炒める。きなこよりも少し薄いくらいまで色づいたら皿に取り出す。

(鍋の方が色づきが早いと思います。よくヘラで混ぜながら焦がさないように気をつけてください。ハンガリー家庭料理では炒めた小麦粉をスープによく使います。そのため、うちでは一度にティーカップ1杯くらいの量を一気に炒めて保存してあります。)

このくらいの色になるまで炒める
このくらいの色になるまで炒める

3.カリフラワーの鍋に水を600cc入れ、茹で始める。

4.フライパンに油大さじ半を入れ、人参と玉ねぎを炒める。

(離乳食用の場合は、油の量は調整してください)

5.人参と玉ねぎを5分くらい炒めてしんなりしたら、火を止めて炒めた小麦粉を入れ、よく練り混ぜる。

6.カリフラワーを茹でている鍋から、湯で汁をお玉3分の1くらいずつフライパンに入れ、都度よく混ぜる。

だまが残らないようにしっかり混ぜる
だまが残らないようにしっかり混ぜる

7.4,5回繰り返し、サラサラに伸びたらカリフラワーを茹でている鍋に加える。

このくらいまでになれば鍋に混ぜていきます
このくらいまでになれば鍋に混ぜていきます
鍋に混ぜた状態
鍋に混ぜた状態

8.塩小さじ半分を入れてカリフラワーと人参が柔らかくなるまで煮る。

(蓋をすると早いですが、吹きこぼれやすいので、蓋を少しずらして弱火から中火で煮てください)

9.牛乳を加え、味を見て塩が足りなければ少々加えて味を整え、5分くらい煮る。

(この時も吹きこぼれやすいので、注意して見ていてください。)

10.食べるときに刻んだパセリとこしょうをふる。

カリフラワーがホロホロと崩れるくらいまで煮るのが美味しいです!

赤ちゃんには使いませんが、大人はコショウをふるのが断然おすすめです!


カリフラワーに栄養はあるの?


真っ白であまり栄養のなさそうなカリフラワーですが、意外と栄養豊富です。

  • ビタミンC
  • カリウム
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 葉酸

などなど・・・

そして、栄養はつぼみの部分よりも茎の方が多いので、茎を含めてカットしてくださいね!

栄養や甘み成分は水に溶け出すので、茹でてそのまま食べるよりは、蒸したり、スープにして茹で汁もいただくようにするのがおすすめです!

冬〜春がカリフラワーの旬になります。美味しいカリフラワーが出回る季節にぜひスープを作ってみてください。


☆関連記事☆