東リのウールカーペット「バーバークラフト」を購入した感想!

東リのウールカーペット「バーバークラフト」を購入した感想!

こんにちは、めりさです。

もう、何年も気になっていたカーペットのうす汚れやヨレ、へたり。

10年使うとこんなになりました・・・。

汚い画像ですみません
汚い画像ですみません

選ぶの面倒だし、時間ないし、家具の移動も大変だし・・と後回しにしていました。

最近では子供が遊びながら寝っ転がったりもしてしまうため、思い切って買い換えることにしました。

そこで選んだのは東リのウールカーペット「バーバークラフト」。

もっと早く替えておくんだった〜と後悔するほど快適なので、紹介することにしました。


ウールカーペットの特徴


ウールカーペットって、冬は良くても夏は暑そうだな、と思っていたのですが、まったく違っていました。

化繊のカーペットだと夏や梅雨の時期はペタペタとしてしまっていたのですが、ウールはさらっとして快適なんだそうです。

ウールカーペットがあれば涼しいとは言えませんが、エアコンと併用すればより快適に過ごせるようです。

下記にウールカーペットのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • 湿気を吸ったり吐いたりする調湿作用がある
  • 冬はあたたかく、夏さらさらとして気持ち良い
  • ホルムアルデヒドを吸着する
  • 空気中の有害物質を吸着し、分解する
  • 汚れが落としやすく、汚れにくい
  • 燃えにくい
  • 耐久性がある

デメリット

  • 遊び毛が出る
  • 毛玉になりやすい
  • 化繊カーペットよりも高価
  • 虫に喰われやすい


デメリットにある「遊び毛が出る」についてですが、カーペットの毛が抜ける訳ではありません。

使い始めの頃は特に綿毛のような細かい毛が出て、服に着いたり…ということがあるようなんです。

黒い服をよく着るので目立つかなーとちょっと心配ではありますが、この遊び毛が出ることによってカーペットの汚れが取れたり、ダニを一緒に排出したりするのだそうです。

掃除機をこまめにかけていると、そのうち減ってくるらしいので子供のためにも掃除をがんばるぞ!と意気込んでいます。


ウールカーペット購入までに検討したこと


まずはネットで商品比較

ウールカーペットといっても、色んなメーカー・タイプ・色がありますね。

オンラインで「こんなのもある、あんなのもある」と悩むこと数日間。

下記の条件で2つの商品に絞りました。

  • 子供が汚しても良いように、色は濃い目
  • 毛足がループ状で弾力性・耐久性があるループパイル
  • 特殊な形にカットしてほつれ防止のロック加工に対応


まず、楽天で一番レビューの多かったノーブランドの日本製ウール100%カーペット。

カット加工なしの6畳用で28,800円(税込・送料込)です。

口コミを見ても、評価が高くほとんどの方が満足されている商品です。

防ダニ・抗菌加工もしてあり、これに決めてもまずがっかりすることはないかなと。

もう一つは、大手カーペットメーカー 東リのウール100%カーペット「バーバークラフト」。

フリーカット、ロック加工込みで28,842円(税込・送料込)です。

やはり大手メーカーのものだから取り敢えず検討しておきたいという理由で候補に。

こちらも日本製になります。


サンプル比較は重要!

候補が決まったので、とりあえずサンプルを取り寄せ。

サンプル発送をしてくれるお店はたくさんあるので、気になるサンプルは絶対に取り寄せた方がいいです。

色味も雰囲気も画面で見るのとは少し違いますよ。

どちらのサンプルも2日くらいで手元に届きました。

まず、日本製ノーブランドの方は5cm×10cmの小型サンプル。お色は4種類です。

日本製ノーブランドのカーペットサンプル(下)
日本製ノーブランドのカーペットサンプル(下)

そして、東リは約30cm×20cmの大型サンプル。こちらもお色は4種類。

東リのウールカーペットサンプル
東リのウールカーペットサンプル
東リのウールカーペットサンプル拡大
東リのウールカーペットサンプル拡大

東リの方はメーカーから直接届いたのですが、さすが大手という感じです。

このくらいの大きさがあると、お部屋に敷いた時のイメージがしやすいですし、足の裏でウールカーペットの気持ちよさを体感することもできますよ!

裏はこんな感じ。

東リのカーペットの裏は麻なのに対し、日本製ノーブランドの方は不織布となっています
東リのカーペットの裏は麻なのに対し、日本製ノーブランドの方は不織布となっています

それにしても、うちの娘がサンプルの上で歩きまくること。

かなり気持ちよかったようです(笑)

歩いてみると、ほんのり暖かい!
歩いてみると、ほんのり暖かい!

違いとしては以下のような感じです。


日本製ノーブランド

  • 薄い色のサンプルは密度が少し足りない気がする
  • 下地が薄く柔らかい
  • 部屋に対してカーペットが大きい場合、カットしなくても折り曲げて使えそう
  • 全体の厚み8mm
  • 裏側は床に優しい不織布
  • 防炎・抗菌・防ダニ・ホルムアルデヒド対応・ホットカーペット、床暖房対応

東リ

  • 目が詰まってしっかりしている
  • 一つ一つのループにボリュームがある印象
  • 下地が分厚い
  • 一番濃い色のサンプルのみ下地が若干薄いのが気になる
  • 全体の厚み9mm
  • 裏側は強度のある麻
  • 防炎・制電・抗菌・防ダニ・ホルムアルデヒド対応


サンプルを比較した結果、うちでは子供がバタバタと動き回りますし、よりしっかりしていそうな東リの「バーバークラフト」を購入することにしました。

お色は当初、濃い色にする予定だったのですが、サンプルを床においてみて急遽変更!

「うすい色、いいよね。」となり、子供も薄い色がお気に入りの様子だったので一番薄いベージュ色にすることに。

サンプルを見てみると、やっぱり心変わりするもんですね。

ウールは汚れにくく、汚れも落としやすいそうなので、それも考慮した結果です。

商品が決まったので、東リのカーペットはサイズ内での無料カットと有料ロック加工をしてくれる楽天のお店で購入。



今回、楽天スーパーセール中だったようで、加工も含めて価格は税込で26,000円くらいでした!

切りっぱなしでいいや、って方はお部屋に合わせてカットをお願いしても3,000円くらい安くなるのでこのお店はとくにオススメです!

それにしても東リのカーペット、かなりクオリティ高いのにこんなにお安いとは・・・びっくりしました。


届いた東リウールカーペットを敷いてみた感想


注文から4日後、メーカーから直接カーペットが届きました。

どーん!長い・・・
どーん!長い・・・

なんとか夫1人で運べる重さだったので一安心。

うちには重いパソコンを置いた机が2つあり、たくさんのケーブルを机の後ろでまとめているため机を自由に動かすことが難しく、カーペットを敷くのが大変でした・・・。

机を浮かしながらカーペットを敷いていきます
机を浮かしながらカーペットを敷いていきます

でも新しいカーペットは本当に快適です。

そして、ウールなので今までと違って本当にあたたかく足の裏がぽかぽかします。

このボリュームや気持ちよさがずっと続いてくれると良いのですが。

しっかり目の詰まったカーペット
しっかり目の詰まったカーペット

うちのクローゼットのドアは折れ戸になっており、カーペットを敷くと開かなくなるのでカットしてほつれ防止にロック加工してもらっています。

出来上がりもキレイです。

面白かったのは、敷いたあとに夫が羊の匂いがすると言い始めたことです(笑)

そう言われてみればするような・・・新しいカーペットの匂いと混ざってよく分かりませんでしたが、落ち着く自然の匂いがする気がします。

うちの娘もかなり気持ちよかった様子で寝っ転がって起き上がろうとしない(笑)

でも、思う存分寝っ転がらせてあげられるのが嬉しい!

思わず素足で歩きたくなる気持ち良さです。

冬は快適なのは間違いないですが、夏はこれから。

また夏がきたらカーペットの使い心地をお伝えしたいと思います。


☆関連記事☆