【出生前診断】福岡大学病院で羊水検査を受けてきました。検査の流れを紹介!

【出生前診断】福岡大学病院で羊水検査を受けてきました。検査の流れを紹介!

こんにちは、第2子妊娠中のめりさです。

今回は、福岡大学病院で出生前診断の羊水検査を受けてきましたので紹介します。

情報を探している方の参考になれば幸いです。


検査前の手続きや同意書の提出


羊水検査は妊娠16週と3日の日に受けることになりました。10時からの予約でした。

受付機で受付を済ませて、そのまま3階の「女性診療センター」へ。

女性診療センターについたら、この日までに済ませておいた検査会社への振込領収書と同意書を提出します。

検査会社への振込はインターネットから行ったので、その明細を自宅で印刷して持っていきました。

待つこと10分程。待合席には産婦人科外来の人たちがたくさん居ました。

大学病院の産婦人科なんて、高いんじゃないのかなーと余計なことを考えながら、受付の少し手前で立って待ちました。


検査室で着替えて待つ


その後、すぐに呼ばれて4階の検査室へ通されます。

「お手洗いは大丈夫ですか?」と聞かれ、ちょっと長くなりそうなので、トイレを済ませておきました。

この時期になると、膀胱が圧迫されてかなりトイレが近くなるんですよね・・・。

夜中も2回くらいトイレに起きることもあります。(泣)

検査室へ着くと、下着以外の身につけているものを脱いで、検査着に着替えます。

巻きスカートのような感じの検査着になっており、特殊な感じだったため、着替え終わるまでナースの方がついていました。

「え、まだ居るんだ?」と悶々としながら脱ぎましたが、、そこはちょっと居心地が悪かったです。

半袖の前開きの服と巻スカートのようなものを身に着けてベッドの上に横たわりました。

30分くらいの間にスタッフの方や先生が入ってこられて、あれこれ用意が始まりました。

検査の道具やシートなど、新品のものを袋から出す作業。

手袋をしているにもかかわらず、器具は中身を触らず出し、シートもピンセットで広げていました。

感染防止の為だと思いますが、きちんとされてるようで少し安心しました。


エコーを見ながら羊水採取


結局、医師も含めて総勢4名での検査になりました。

ちなみに、第一子の時に受けた検査の時は3名でした。

今回、次のような手順で検査が進みました。

  • お腹を出して消毒薬を丁寧に塗る
  • その上から穴の空いた紙をかぶせる
  • エコーの機械で赤ちゃんの様子や位置を確認
  • 麻酔
  • 羊水の採取

前回、羊水検査を受けたときには麻酔はなく、それでも羊水採取のときにもあまり痛みを感じなかったのですが、先生が違ったせいか今回は「麻酔をしておきますね」と言われ麻酔をされました。

その麻酔が少し痛かったので、特に無くても良かったなという感じです。

エコーの機械は最初から最後まで私も見ることができました。

針を指したのはおへその左下あたり。前回の第1子の時はおへその右側あたりだったように思います。

針が奥まで入ると、エコー画面を指差しながら先生が「これが針の先です」、とおっしゃっていました。

針の先は白くぼんやりとしていて、エコー画面の中で光っているような感じでした。

結構奥まで入っているように見えたので、赤ちゃんに当たらないか、ヒヤヒヤしながら見ていました。

針は2回刺されたのですが、2回目は麻酔が完全に効いていたのか全く気づかなかった私。

羊水採取は時間にしてだいたい5分くらいのものだと思います。

助手の方が、「11ml、12ml・・・」と1mlずつカウントしてくれていました。

たった20mlの採取なのですが、1mlずつゆっくり採取していくため、針を刺されている当人としては結構長かったです。

採取の間、赤ちゃんは多少動いているように見えましたが激しい動きはなく羊水採取が終わった後は本当にホッとしました。


羊水検査で赤ちゃんにアザが出来る可能性?


第一子の時に検査を受けた時には赤ちゃんの足側から針を入れたのですが、羊水採取の時に足が何度も何度も針の方に吸引されているように見えて、検査後は心配になっていました。

そして生まれた子の足の裏には1年間ぐらいは赤いアザがありました。

1歳の誕生日を迎えるころにはキレイに消えたのですが、あれは検査のときの針だったのではないか、と今でも思っています。

それは、同じように羊水検査を受けた人たちの複数のブログで同じようなアザの話を目にしたからです。

その不安をカウンセリングの時に医師に会話の中で伝えてみたのですが、「ははは、それはないと思いますよ」とおっしゃっていました。

モヤモヤは解消されず、自分や夫の思いだけでこういった検査をすることに抵抗もありましたが、費用の問題もあり割り切って受けることにしました。

何事もなく生まれてくることを願うばかりです。


検査後の処置について


病院での話に戻ります。

検査後は30分そのまま安静にベッドに横になります。

眠ろうと思いましたが、なんだか興奮して寝付けませんでした。

その後、もう一度先生のエコーがあります。

エコーでは赤ちゃんもゆったりと動いていて、問題がないことが確認でき一安心です。

そして、着替えをして支払いをして帰宅という流れです。

夫には休みをとってもらっていたので迎えにきてもらい、家に帰ってからは念の為、上の子のお世話や家のことは全て夫まかせ。

私はできるだけベッドで横になったり椅子に座ったりしてあまり動かないようにしていました。

こんなゆっくりするのっていつぶりだろう・・・という感じ。(笑)

次の日からは普通の生活に戻りましたが、羊水検査後に何か起こるのは24時間以内が多いということだったので、安静にしておくに越したことはないと思います。

この日のためにお休みをとって頑張ってくれた夫にも感謝です。

結果は3週間後。問題がないことを祈るばかりです。





☆関連記事☆